2009年03月31日

米国債相場は上昇。

米国債券相場レポート

米国債相場は上昇。


(背景)
★自動車メーカーの存続をめぐる不透明感から株が急落する中、安全資産への逃避需要が高まった。
★米連邦準備制度理事会(FRB)は30日、米国債買い取りプログラムに基づく3度目の買い取りを実施した。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.05%低下し2.70%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.06%低下し0.84%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時と変わらずの0.12%だった。

clip_20090331_02.JPG
posted by mori at 09:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

米国債相場はほぼ変わらず。

米国債券相場レポート


米国債相場はほぼ変わらず。米連邦準備制度理事会(FRB)はこの日、最大3000億ドルの米国債買い取りプログラムに基づき2度目の買い取りを実施し、約75億ドルを買い取った。このうち大半の約56億ドルが2012年3月に償還期限を迎える今月発行の米国債だったことから、米国債市場では3年債に買いが集中し
た。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.02上昇し2.75%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時と同じレベルの0.90%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.02%低下し0.12%だった。

clip_20090328_02.JPG
posted by mori at 11:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

米国債相場は反発。

米国債券相場レポート

米国債相場は反発。


(背景)
@7年債入札で前回よりも高い需要が見られたことから、過去最大規模の入札が不調に終わるとの懸念が和らいだ。市場の関心はFRBが27日に実施する今週2度目の米国債買い取りに移った。
A午前の取引では1カ月物Tビル(財務省短期証券)レートが昨年12月以来で初めてマイナスに低下。四半期末を控えたバランスシート強化でTビルの需要が高まったことが背景。
Bフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)がこの日発表したところによると、住宅ローンの30年物固定金利は今週4.85%に低下し、同社が記録を開始した1971年以降で最低を記録した。

(ご参考)
米財務省が26日に実施した7年債入札(発行額240億ドル)の結果によると、最高落札利回りは2.384%と、入札直前の市場予想の2.385%をわずかに下回った。前回(2月26日)は2.748%だった。応札倍率は2.52倍と、前回の2.11倍を上回った。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.05低下し2.73%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.05%低下し0.90%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.04%低下し0.14%だった。

(ご参考)
米連邦準備制度理事会(FRB)は25日、初の米国債買い取りを開始。6カ月続く最大3000億ドルの買い取りプログラムが始動した。ニューヨーク連銀の声明によると、2016年2月から2019年2月に償還期限を迎える米国債19銘柄を対象に実施。13銘柄、総額75億ドルを買い取った。

clip_20090327_02.JPG
posted by mori at 09:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

米国債相場は5日続落。

米国債券相場レポート

米国債相場は5日続落。


(背景)
5年債入札(発行額340億ドル)の最高落札利回りが予想より高かったことから、過去最大規模の入札での需要の弱さが懸念された。5年債入札の最高落札利回りは1.849%。1.801%が予想されていた。英国では40年債17億5000万ポンドの入札で、ほぼ7年ぶりに応札額が発行額に届かない札割れが発生した。財務省の入札前にFRBは米国債の買い取りを実施した。これで落札利回りが本来よりも押し下げられた可能性がある。

(5年物国債入札結果)
応札倍率は2.02倍と前回の2.21倍から低下。外国中央銀行などの間接入札者
比率は29.97%(前回48.90%)だった。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.08上昇し2.78%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.05%上昇し0.95%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.02%低下し0.18%だった。

(ご参考)
米連邦準備制度理事会(FRB)は25日、初の米国債買い取りを開始。6カ月続く最大3000億ドルの買い取りプログラムが始動した。ニューヨーク連銀の声明によると、2016年2月から2019年2月に償還期限を迎える米国債19銘柄を対象に実施。13銘柄、総額75億ドルを買い取った。


200900326_2.jpg
posted by mori at 08:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

米国債市場は軟調。

米国債券相場レポート

米国債市場は軟調。


(背景)
今週、財務省は980億ドルの国債入札を実施するが、今日は買い材料に乏しい中見送り気分が強かった。当初は、30年債が4日ぶりに上昇した。米連邦準備制度理事会(FRB)が明らかにした長期債買い取り計画に30年債も含まれていたことが買い材料だった。ただし、午後に入り下落に転じた。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.05上昇し2.70%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.02%上昇し0.90%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.02%上昇し0.20%だった。

(ご参考)
米連邦準備制度理事会(FRB)は24日、国債買い切りオペを25日に開始すると発表した。連邦公開市場委員会(FOMC)は18日に発表した声明で、3000億ドル相当の長期国債を買い取る計画を明らかにしており、今回のオペはこの計画の
一環。第1回目のオペ対象国債は2016年2月―2019年2月の償還銘柄となる。

clip_20090325_02.JPG
posted by mori at 10:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

米国債相場は小幅安。

米国債券相場レポート

米国債相場は小幅安。


(背景)
米財務省の発表した金融機関の不良資産買い取り計画が景気回復につながるとの観測から株が大幅上昇した。これにより、安全資産たる米国債への需要が低下。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.01上昇し2.65%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.01%上昇し0.88%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.01%低下し0.18%だった。

clip_20090324_02.JPG
posted by mori at 09:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

国債相場は軟調。

米国債券相場レポート

国債相場は軟調。


(背景)
@FRBバーナンキ議長が講演で、3年後の金融経済情勢について、期待と予想は情勢が大幅に明るくなると前向きな見通しを示した。
A来週の大量入札に対する荷もたれ感もあった。来週は24日に2年物国債(400億ドル)、25日に5年物国債(340億ドル)、26日に7年物国債(240億ドル)の入札が実施される。計980億ドルの大規模な入札を控え需給悪化に対する懸念も広がって相場の重しとなった。
 
○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.05上昇し2.64%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.02%上昇し0.87%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.01%上昇し0.19%だった。

clip_20090321_02.JPG
posted by mori at 10:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

米国債相場は軟化。

米国債券相場レポート

米国債相場は軟化。


(背景)
@FOMC声明発表直後の急騰を受け、利益確定の売りが出た。
Aフィラデルフィア連銀が19日に発表した3月の同地区製造業景況指数はマイナス35(前月はマイナス41.3)と、予想(マイナス39)より落ち込みは少なかった。
 
○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.06%上昇し2.59%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.04%上昇し0.85%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.01%低下し0.18%だった。

clip_20090320_02.JPG
posted by mori at 11:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

米国債相場は急反発。

米国債券相場レポート

米国債相場は急反発。


(背景)
FOMCが消費者の借り入れコスト低下とリセッション脱却を目指し、資産購入の対象として米国債を加えると決定した。長期国債を最大3000億ドル購入することを
決定。
 
○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.47%低下し2.53%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.21%低下し0.81%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.03低下し0.19%だった。

clip_20090319_02.JPG
posted by mori at 10:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

米国債相場は3日続落。

米国債券相場レポート

米国債相場は3日続落。


(背景)
@株式相場が大幅上昇。
A社債発行が増加したため、逃避資産としての米国債の魅力が薄れた。製薬大手のファイザーは同業ワイス買収の資金調達のため、総額135億ドルの社債を発行した。金融機関以外の起債としては2月のロシュ・ホールディング以来で最大。機関投資家向け資産運用最大手のステート・ストリートは早ければ17日中にも米連邦預金保険公社(FDIC)保証債を24億5000万ドル相当発行するという。起債する企業は米国債を売って、発行する社債の利回り上昇に備える。起債が終わると、米国債を買い戻すことが多い。
 
○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.05%上昇し3.00%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.04%上昇し1.02%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時と変わらずの0.22%だった。

clip_20090318_02.JPG
posted by mori at 09:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

米国債相場は下落。

米国債券相場レポート

米国債相場は下落。


(背景)
@株式相場が上昇し、安全資産としての需要が減退。
A英銀バークレイズが2009年の滑り出しは好調と発表した。
B20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は不良資産処理の進展に向け決意を表明。
CバーナンキFRB議長はリセッションが年内に終わる可能性があると発言。
 
○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.08%上昇し2.95%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.02%上昇し0.98%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.04%上昇し0.22%だった。


200900317_3.jpg
posted by mori at 09:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

米国債相場は、長期債が軟調で、短期債がしっかりだった。

米国債券相場レポート

米国債相場は、長期債が軟調で、短期債がしっかりだった。


(背景)
中国の温家宝首相が米国債保有に関する懸念を表明したことで、中国が外貨準備分散化の一環としてドル建て資産を圧縮し、米国債投資を後退させるとの憶測が広がり長期債中心に売りが先行。一方、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で米国債の購入が具体化するとの観測などから短期債が底堅く推移し、利回り曲線がスティープ化した。
 
○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.02%上昇し2.87%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.02%低下し0.96%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.01%低下し0.18%だった。
clip_20090314_03.JPG
posted by mori at 11:53 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

米国債相場は上昇。

米国債券相場レポート

米国債相場は上昇。


(背景)
@30年債の入札で需要が予想を上回ったほか、外国中央銀行を含む間接応札が落札全体に占める割合は、30年債入札が再開された2006年以降で最大だった。ゴールドマン・サックスは、今年の米国債発行額は前年比ほぼ3倍の2兆5000億ドルに達すると予想している。
A米労働省が発表した新規失業保険申請件数は6週連続で60万件を上回った。

(ご参考)
30年債入札(発行額110億ドル)の結果によると、最高落札利回りは3.640%と、入札直前の市場予想の3.688%を下回った。応札倍率は2.40倍と、前回(2月12日)の2.02倍を上回った。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.05%低下し2.85%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.03%低下し0.98%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.02%低下し0.19%だった。

clip_20090313_02.JPG
posted by mori at 10:28 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

米国債相場は上昇。

米国債券相場レポート

米国債相場は上昇。


(背景)
財務省が実施した10年債入札(発行額180億ドル)で、最高落札利回りが3%を超えたことから買いを誘った。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.10%低下し2.90%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.01%低下し1.01%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.02%低下し0.21%だった。

clip_20090312_02.JPG
posted by mori at 09:33 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

米国債相場は下落。

米国債券相場レポート

米国債相場は下落。


(背景)
@株式相場が急反発。
A今週予定している計630億ドルの入札の第一弾となる3年債入札が実施された。大規模な米国債発行への懸念を背景に入札は不振だった。過去最大規模となったこの日の3年債入札(発行額340億ドル)の結果によると、最高落札利回りは1.489%。昨年11月に同国債の月例入札が再開されて以降で最高だった。入札直前の市場予想の1.481%も上回った。前回(2月10日)は1.419%だった。応札倍率は2.26倍と、前回の2.67倍を下回った。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.13%上昇し3.00%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.07%上昇し1.02%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.04%上昇し0.23%だった。

clip_20090311_02.JPG
posted by mori at 10:08 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

米国債相場はほぼ変わらず。

米国債券相場レポート

米国債相場はほぼ変わらず。供給拡大は、債券相場に圧力を加えつつある。


(背景)
今週は米財務省が予定する630億ドルの中・長期国債の入札が控えており、模様眺めムードが強い。財務省は10日に、340億ドルの3年債入札を、11日と12日にそれぞれ10年債(180億ドル)と30年債(110億ドル)の入札を実施する。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時と同じ2.87%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時と同じ0.95%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時と同じ0.19%だった。

clip_20090310_03.JPG
posted by mori at 09:47 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

米国債相場は反落。

米国債券相場レポート

米国債相場は反落。


(背景)
@630億ドル相当の中長期国債の入札を翌週に控え、売りが優勢になった。
Aニューヨーク連銀のダドリー総裁は政府による国債買い取りについて、最善の措置ではないと述べ、国債購入観測を弱めた。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.06%上昇の2.87%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.07%上昇の0.95%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.01%上昇の0.19%だった。

clip_20090307_03.JPG
posted by mori at 11:12 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

米国債相場は反発。

米国債券相場レポート

米国債相場は反発。30年債を中心に買いが膨らんだ。


(背景)
@株急落から、質への逃避的買い物が入った。
Aイングランド銀行(英中央銀行)が国債と社債の買い取りを表明したため、米連邦準備制度理事会(FRB)も長期国債の購入に踏み切るとの観測が強まった。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.17%低下の2.81%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.05%上昇の0.88%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.06%低下の0.18%だった。

clip_20090306_02.JPG
posted by mori at 09:10 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

米国債相場は続落。

米国債券相場レポート

米国債相場は続落。


(背景)
@来週予定されている中長期国債への警戒感から売りが膨らんだ。入札規模は合計で600億ドルになるとみられている。
A日本と中国が景気対策を拡大するとの観測も売り材料になった。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.09%上昇の2.98%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.04%上昇の0.93%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.01%低下の0.24%だった。

clip_20090305_02.JPG
posted by mori at 09:51 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

米国債相場は反落。

米国債券相場レポート

米国債相場は反落。


(背景)
バーナンキFRB議長が議会証言で、金融システムはまだ安定していないとの見方を示したため、銀行支援の財源となる国債増発懸念が高まった。調査会社ライトソンICAPによると、来週の中長期国債入札の規模は合計600億ドルと予想されている。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.03%上昇の2.89%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.02%上昇の0.89%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.02%上昇の0.25%だった。


20090304_3.JPG
posted by mori at 09:44 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。