2009年04月30日

米国債相場は続落。

米国債券相場レポート

米国債相場は続落。


(背景)
★米連邦公開市場委員会(FOMC)が国債購入目標を維持し、景気底入れの兆しを指摘した。
★米財務省は来週予定している四半期定例入札の規模を過去最大の710億ドル(約6兆8700億円)と発表。30年債入札の頻度を増やすことも明らかにした。内訳としては、5月5日に3年債を350億ドル、6日に10年債を220億ドル、7日には30年債140億ドルを入札する。現行では年間8度実施している30年債入札を毎月実施することになる。
★財務省は、短期的な借り入れ需要に対応するため、今四半期にキャッシュマネジメント・ビル(CMB)を発行する予定で、このうち一部は比較的期間が長いものになるという。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.09%上昇し3.10%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.01%上昇し0.95%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日より0.03%上昇し0.11%だった。

clip_20090430_02.JPG
posted by mori at 09:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

28日のニューヨーク債券相場は下落(利回りは上昇)した。

米国債券相場レポート

28日のニューヨーク債券相場は下落(利回りは上昇)した。


(背景)
★2月のケース・シラー住宅価格指数が前年同月比18.6%低下となり、低下率は過去最大の落ち込みだった前月に比べて若干鈍化。
★4月の消費者信頼感指数は前月比12.3ポイント高い39.2と市場予想を大きく上回った。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.10%上昇し3.01%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.07%上昇し0.94%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日より0.03%上昇し0.11%だった。

(ご参考)
米財務省が27日実施した2年債入札(発行額400億ドル)の結果によると、最高落札利回りは0.949%と、入札直前の市場予想の0.959%を下回った。前回入札(3月24日)も0.949%だった。応札倍率は2.72倍と、前回の2.71倍をわずかに上回った。

20090429_2.JPG
posted by mori at 09:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

米国債相場は反発。

米国債券相場レポート

米国債相場は反発。


(背景)
★2年債入札がまずまずの結果となった。米財務省が27日実施した2年債入札(発行額400億ドル)の結果によると、最高落札利回りは0.949%と、入札直前の市場予想の0.959%を下回った。前回入札(3月24日)も0.949%だった。
★米連邦準備制度理事会(FRB)が70億2500万ドルの国債を買い入れた。
★豚インフルエンザが発生したことも買い材料となった。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.07%低下し2.91%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.08%低下し0.87%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日より0.01%低下し0.08%だった。

clip_20090428_02.JPG
posted by mori at 09:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

米国債相場は下落。

米国債券相場レポート

米国債相場は下落。


(背景)
★来週実施される2年債と5年債、7年債の入札(合計1010億ドル)に備え、買いを控えムードが強かった。
★株式相場高で、安全資産たる国債への需要が減少した。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.07%上昇し2.98%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.03%上昇し0.95%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時と変わらずの0.09%だった。


clip_20090425_03.JPG
posted by mori at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

23日のニューヨーク債券市場はしっかりだった。

米国債券相場レポート

23日のニューヨーク債券市場はしっかりだった。


(背景)
★米財務省が実施した5年物インフレ連動債(TIPS)入札が好調だった。
★週間失業保険申請件数が予想より増加した。
★3月の中古住宅販売戸数は年率換算で457万戸となり、予想の470万戸程度を下回った。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.03%低下し2.91%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.03%低下し0.92%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.04%低下し0.09%だった。

(ご参考)
★財務省が23日に実施した5年物インフレ連動債(TIPS)入札(発行額80億ドル)の結果によると、最高落札利回りは1.278%と、入札直前の市場予想の1.376%を下回った。前回(昨年10月27日)は3.270%だった。応札倍率は2.66倍と、前回の1.81倍を上回った。

★FRBは23日、ニューヨーク連邦準備銀行を通じた公開市場操作による国債買い取りを実施、70億ドル相当の国債を購入。対象は2012年5月31日から13年8月15日の間に償還を迎える国債。応募額は159億9000万ドルだった。

clip_20090424_02.JPG
posted by mori at 09:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

米国債市場では10年債利回りが上昇。

米国債券相場レポート

米国債市場では10年債利回りが上昇。


(背景)
★2月の住宅価格指数が前月比で0.7%上昇したのをきっかけに、リセッション(景気後退)の最悪期は過ぎたとの見方が強まった。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.05%上昇し2.94%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.02%上昇し0.95%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.01%低下し0.13%だった。

clip_20090423_02.JPG
posted by mori at 09:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

米国債相場は下落。

米国債券相場レポート

米国債相場は下落。


(背景)
★米連邦準備制度理事会(FRB)の米国債買い取りが予想を下回った。FRBがこの日購入したのはディーラーから差し出された268億ドルの国債のうち70億ドル。今回購入したのは今後7年から10年に償還期限を迎える国債だった。前回は75億ドルを購入した。
★ガイトナー財務長官は議会で証言し、米金融機関の大部分は必要以上の資金を保有しているとの見解を述べた。これを受け、米株式相場は上昇した。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.06%上昇し2.89%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.03%上昇し0.93%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.02%上昇し0.14%だった。

(ご参考)
米連邦準備制度理事会(FRB)は21日、米国債買い取りプログラムに基づき、今後7年から10年に償還期限を迎える国債70億ドルを買い取った。公開市場操作(オペ)で買い取ったのは償還期限が2016年2月から19年2月の対象20銘柄のうち12銘柄。FRBは3月25日から始まった11回の買い切りオペで総額597
億1700万ドルの国債を購入した。

clip_20090422_02.JPG
posted by mori at 09:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

米国債相場は3営業日ぶりに上昇。

米国債券相場レポート

米国債相場は3営業日ぶりに上昇。


(背景)
金融機関の信用損失が拡大するとの懸念から株が急落する中、安全投資としての国債買いにつながった。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.11%低下し2.83%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.06%低下し0.90%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時と変わらずの0.12%だった。

clip_20090421_02.JPG
posted by mori at 08:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

米国債相場は続落。

米国債券相場レポート

米国債相場は続落。


(背景)
★シティグループやGEが発表した1−3月(第1四半期)決算が予想を上回ったため、安全資産としての米国債売りが膨らんだ。
★4月のロイター・ミシガン大学消費者マインド指数(速報値)は61.9と、前月の57.3から上昇した。回復は2カ月連続。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.11%上昇し2.94%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.07%上昇し0.96%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時と変わらずの0.12%だった。

clip_20090418_02.JPG
posted by mori at 10:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

米国債相場は反落。

米国債券相場レポート

米国債相場は反落。米連邦準備制度理事会(FRB)は16日、ニューヨーク連邦準備銀行を通じた公開市場操作による国債買い取りを実施、15億300万ドル相当の国債を購入したが、影響は限定的だった。

(背景)
★フィラデルフィア連銀が発表した4月の同地区製造業景況指数は予想ほどマイナス幅が大きくなかった。
★過去最高に膨らんでいる国債発行への警戒感から売りが優勢になった。
★株式相場が急伸し、安全資産たる国債への需要が減退した。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.07%上昇し2.83%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.04%上昇し0.89%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.03%低下し0.12%だった。

(ご参考)
米連邦準備制度理事会(FRB)は16日、ニューヨーク連邦準備銀行を通じた公開市場操作による国債買い取りを実施、15億300万ドル相当の国債を購入した。対象は2010年1月15日から32年4月15日の間に償還を迎える国債。応募額は155億5900万ドルだった。
posted by mori at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

米国債相場は3日続伸。

米国債券相場レポート

米国債相場は3日続伸。

(背景)
★米連邦準備制度理事会(FRB)が今後2週間の国債買い切りオペの予定を発表したことが材料となった。この日は国債買い入れが予定になかったため意表をついた形となった。FRBは過去2日間に総額103億4000万ドルを購入。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.02%低下し2.76%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.01%上昇し0.85%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.01%低下し0.15%だった。

(ご参考)
16日にはインフレ連動国債(TIPS)を買い入れる。

clip_20090416_3.jpg

posted by mori at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

米国債相場はしっかり

米国債券相場レポート

米国債相場はしっかり。

(背景)
★3月の小売売上高は季節調整済みで前月比1.1%減と市場予想を大きく下回ったことが国債買いにつながった。
★3月の生産者物価指数(PPI)全完成品は前月比1.2%低下(2月は0.1%増加)し、予想(前月比変わらず)を下回った。これにより、デフレ観測が出た。
★米連邦準備制度理事会(FRB)は14日、ニューヨーク連邦準備銀行を通じた公開市場操作による国債買い取りを実施、73億ドル相当の国債を購入した。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.07%低下し2.78%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.03%低下し0.84%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.01%低下し0.15%だった。

(ご参考)
米連邦準備制度理事会(FRB)は14日、ニューヨーク連邦準備銀行を通じた公開市場操作による国債買い取りを実施、73億ドル相当の国債を購入した。対象は2013年9月30日から16年2月15日の間に償還を迎える国債。応募額は264億100万ドルだった。

clip_20090415_3.jpg

posted by mori at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

米国債相場は反発。

米国債券相場レポート

米国債相場は反発。主要な経済指標の発表がなく、欧州の主要市場も休場とあって市場参加者が通常より少なかった。


(背景)
米連邦準備制度理事会(FRB)が国債を購入したことを材料に買いが入った。
FRBは公開市場操作(オペ)で今後2−3年に償還を迎える国債73億7000万ドル相当を購入した。買い切りが始まった3月25日以来、合計8回のオペの総額は439億ドル。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.07%低下し2.85%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.07%低下し0.87%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.01%低下し0.16%だった。

clip_20090414_3.jpg
posted by mori at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

米国債相場は軟調。

米国債券相場レポート

米国債相場は軟調。この日はグッドフライデーの休場を控えて米国東部標準時午後2時までの短縮取引だった。


(背景)
★米国株大幅高から、安全資産たる国債への需要が低下した。
★週間失業保険申請件数が市場予想を下回ったことも、国債の売り材料だった。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.07%上昇し2.92%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.02%上昇し0.94%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時と変わらずの0.17%だった。

(ご参考)
米財務省が9日実施した10年債入札(発行額180億ドル)の結果によると、最高落札利回りは2.950%と、入札直前の市場予想の2.935%を上回った。前回入札(3月11日)は3.043%だった。応札倍率は2.49倍と、前回の2.14倍を上回った。

clip_20090410_02.JPG
posted by mori at 08:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

米国債相場は上昇。

米国債券相場レポート

米国債相場は上昇。


(背景)
企業利益の減少懸念を材料に株価が下落、安全投資先としての国債需要が高まった。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.04%低下し2.85%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.02%上昇し0.92%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.02%低下の0.17%だった。

(ご参考)
米財務省が8日に実施した3年債入札(発行額350億ドル)の結果によると、最高落札利回りは1.385%だった。前回(3月10日)は1.489%。応札倍率は2.42倍と、前回の2.26倍を上回った。

clip_20090409_02.JPG
posted by mori at 09:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

米国債相場は上昇。

米国債券相場レポート

米国債相場は上昇。


(背景)
企業利益の減少懸念を材料に株価が下落、安全投資先としての国債需要が高まった。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.03%低下し2.89%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.03%低下し0.90%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.01%上昇の0.19%だった。

clip_20090408_02.JPG
posted by mori at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

米国債相場は長期債が下落。

米国債券相場レポート

米国債相場は長期債が下落。短期債は買われた。連邦準備制度理事会(FRB)が日銀や欧州中央銀行(ECB)などと外貨供給の通貨スワップ協定を締結したと発表したが、市場は大きな反応を示さなかった。


(背景)
★今週は7日に10年物インフレ連動債(TIPS、60億ドル)、8日に3年債(350億ドル)、9日に10年債(180億ドル)と相次いで入札が行われるため需給悪化への不安が高まった。
★米国株下落により、2年債に質への逃避的買いが入った。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.03%上昇し2.92%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.01%低下し0.93%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.02%低下の0.18%だった。

(ご参考)
FRBは6日、米国債買い取りプログラムに基づき、今後10年から17年に償還期限を迎える国債25億3000万ドルを買い取った。買い取ったのは償還期限が2019年8月から26年2月の銘柄。FRBは3月25日から始まった6回の買い切りオペで総額335億7000万ドルの国債を購入。6カ月間で最大3000億ドルの国債買い取りを表明している。一方、米財務省は1−3月(第1四半期)に過去最大となる4380億ドルの国債を発行した。

clip_20090407_02.JPG
posted by mori at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

米国債相場は下落。

米国債券相場レポート

米国債相場は下落。


(背景)
★米労働省が発表した3月の米非農業部門雇用者数は66万3000人の減少となり、事前の市場予想並みだった。また、米国株高から、安全資産たる国債への需要が低下した。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.22%上昇し2.89%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.06%上昇し0.94%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時と同じレベルの0.20%だった。

clip_20090403_02.JPG
posted by mori at 12:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

米国債相場は下落。

米国債券相場レポート

米国債相場は下落。米連邦準備制度理事会(FRB)は借り入れコストの低下を目指したプログラムの一環として、75億ドル相当の国債を買い取った。


(背景)
★米国財務会計基準審議会(FASB)が2日、保有資産などを現在価値で算定する時価会計の適用基準を緩和することを決定したことから、銀行株をはじめとして買い物が入った。株式急伸から、安全資産たる国債への需要が低下した。
★20カ国・地域(G20)首脳会議(金融サミット)がリセッションに立ち向かう決意を表明した。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.02%上昇し2.67%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.08%上昇し0.88%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時と同じレベルの0.20%だった。

clip_20090403_02.JPG
posted by mori at 09:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

米国債相場はほぼ変わらず。

米国債券相場レポート

米国債相場はほぼ変わらず。


(背景)
強弱材料が対立した。弱材料は、中古住宅成約指数の上昇や、2月建設支出の落ち込みが予想より小さかったこと、米国株急伸など。強材料は、3月の民間雇用者数が予想以上に悪化したことや、FRBが借り入れコストの低下を目指し、60億ドルの国債を購入したこと、ゼネラル・モーターズ(GM)の破たん懸念が根強いことなどである。

○10年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.01%低下し2.65%だった。
○2年国債…取引終了時の利回りは前日終了時より0.01%上昇し0.80%だった。
○3ヶ月ものTビル…取引終了時の利回りは前日終了時より0.08%上昇し0.20%だった。

clip_20090402_02.JPG
posted by mori at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。